忍者ブログ
oricon からのお引越し 今度はメルアド忘れない!
28 27 26 25 24 23 22 21 20 13 8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まえにalei 達がクロード・ベルランドの記事をアップするからってネタ回してくれたけど、sai の記事に「絵画のマルキ・ド・サド」ってあったように、みんなの記事を見るだけで精一杯。あんまり好きじゃない画家だから。

バーン=ジョーンズ・・・。どうだろう。ところがさ、みんな「えっ!」っていうくらいいいから、印象変わった。じゃ僕もちょっと図書館で探してみるかと!で、かろうじてコレ。

The Car of Love or Love's Wayfaring

 愛の旅もしくは愛の凱旋車 1891-98 A&V所蔵
Sir Edward Coley Burne-Jones
これはaleiの「運命の女神の車輪」、「愛の勝利」、そしてsai の「トロイの三連画」に関連する作品だと思っているけど。

二人ともペトラルカ (1304-1374) まで言及していないので、僕のネタになった。この人の愛の抒情詩なんかで、愛から最後の永遠まで勝利の凱旋がかわる。

「愛」は「純潔」に負け、「死」、「名声」、「時」と勝利が変わり、最期は「永遠」が勝つというものを「凱旋」に綴っている。

バーン=ジョーンズの運命の女神の車輪の1枚からはじまる「愛の勝利」も、このペトラルカの「凱旋」からパクリしている。その「愛の勝利」とsaiのアップした「トロイの三連画」にこの「愛の勝利」がはめこまれる。

でね、その「愛の勝利」は愛がの勝利で終わるじゃん。その愛の凱旋がこの作品じゃないかと推理した。

The Fall of Lucifer 1894年

ルシファーの堕天 1894年
Sir Edward Coley Burne-Jones
この作品はネタなし。所蔵先不明。でもタイトルで誰でもわかる作品と思いアップ。ほんとうにバーン=ジョーンズは大きらいなので、僕のブログにアップするにはかなり作品を鑑賞した。

驚いたのが「ヴィーナス賛歌」、「レバノンの花嫁」。だってさ、どのブログやHPの記事みても、あれはひどい画像しかなかったのに、すっごく印象が変わった。

ヴィーナス賛歌」  「レバノンの花嫁」  
あとmakiの「希望」、あれ3枚あるってことになるね。

こんな作品って思っていたのが、連作やいくつもあるバージョンできちんと紹介してうまい!ほんとこれだけ鑑賞するとよく見えてしまう。

眠り姫」 「聖ゲオルギウス

欺かれたマーリン、赦免の木、フュリスとデモフーン ってこんなによかったっけ?

エドワード・バーン=ジョーンズ  アーサー王と円卓の騎士

いろいろ比較してみると、やっぱりちゃんとした画像を鑑賞したほうが、気持ちがいい。

チョーサー 女子修道院長の物語
The Golden Stairs Tate Britain

黄金の階段 1880年 テート・ブリテン
Sir Edward Coley Burne-Jones

ダンテの神曲にでてくる階段をイメージしたとかある。どの階段?白、黒、赤の三つの階段は地獄編ででてきたような・・・。あと階段をつくる罪人はいたけれど。

記事 ダンテの神曲 地獄編トピック

とにかく階段をダンテとウェルギリウスが上ったのは煉獄編の地上楽園に記憶している。天国編ででてくるのかな、全然印象にないですけど。

それよりも 1876年ころに「王の階段」と呼ばれていたこの作品。ソロモン王を思い出すんですが。聖書にでてくるアルグムの木で、ソロモン王は階段と竪琴と弦楽器をつくったといわれていたのを思い出しました。

その階段とは崇拝するエホバ神とソロモン王家をつなぐもの。つまり天と地を行き来するためのものですよね?

中階段では竪琴らしきものと弦楽器をもつミューズが描かれている。こじつけでしょうか・・・。旧約聖書の「列王記」、そして新約聖書にもソロモンの名は出てきたはず。

僕はソロモンの階段ということで。
PR
TRACKBACK
TRACKBACK URL
エドワード・バーン=ジョーンズ 眠れる森の美女 いばら姫(眠り姫)
ラファエル前派のエドワード・バーン=ジョーンズの眠り姫(いばら姫)をご紹介するま
URL 2010/05/26(Wed)20:43:13
バーン=ジョーンズ 「レバノンの花嫁」 ソロモンの雅歌 第4章から
バーン=ジョーンズ レバノンの花嫁 1891年(写真画像)  ウォーカー・アート・ギャラリー 私、あまりバーン=ジョーンズが好きではなかったのですが、数年前にバーン=ジョーンズがお嬢さんにプレゼントした「眠れる姫君」(眠り姫、いばら姫)が好きになったのですが、特別に大好きな画家になることはありませんでした。 記事 「眠れる森の美女 いばら姫(眠り姫)」 現在はすこしづつ関心のある作品が増え、「ヴィーナス賛歌」を別ブログにてアップいたしました。ようやくご紹介できるように、色と作品の全景、そしてその作品...
URL 2010/05/26(Wed)21:43:35
ラファエル前派 作品画像の質の違い
バーン=ジョーンズ、ロセッティの記事が仲間うちでアップしたけれど・・・。どうして同じ作品を記事にしているのに、どこよりもなぜに良く見えるのか!と思いませんか? 彼らの記事に「色質が」とか「色調が」ってあるけど、それだけじゃないでしょう。と僕は気が付いた。 だってさ、fu-の記事にロセッティの「海の呪文」というのがあって、美術書からスキャナしたもの、誰かが撮影した写真、個人所蔵先で公開している画像の3枚を使用しているんだけど、色質、色調がそれぞれ違うのに、他のブログやHPのものと何か違う。 僕はバーン...
URL 2010/05/27(Thu)09:02:42
忍者ブログ [PR]